排水していた時の応急対処

修理隊の日記

トイレで異物を排水してしまった時に気をつける点

トイレが流れなくなってしまって詰まりを解消するまでの間、どのような応急処置ができるかをご紹介しておきます。便器の水位が異常になっていたり、トイレが流れなくなった「詰まり」が起きているときに絶対にやってはいけないことがあります。その際の注意点をご紹介しておきますので確認しておきましょう。

水は流さない
便器の排水口から異物が流れてしまったなど、排水経路で異物が詰まっているときに水を流してしまうと、さらに奥のほうへ流れていき引っ掛かり具合が酷くなったり、詰まってしまう可能性があります。異物を流してしまって詰まらせてしまったら、水を流しても解消することが絶望的と考えて良いでしょう。異物を取り出すまでは排水を流さないように注意してください。
ラバーカップを使用しない
トイレットペーパーなど多彩なトイレ詰まりが発生したときに使うのがラバーカップです。簡単な排水詰まりや便器の詰まりで活躍するスッポン(ラバーカップ)ですがトイレットペーパーや便の詰まりなど、水に溶けるものには絶大な効果があります。
その反面、異物の詰まりで使用してしまうと、排水配管の奥に物が移動して物を取り出すのに専門的な知識を要してしまうだけで逆効果になる場合があります。
いろいろな対処策がご紹介されていることを確認していますが、当社としては、異物が詰まっているときにはラバーカップのご使用は絶対に避けることを推奨しております。
このような場合には、修理業者にご相談されたり修理依頼をして迅速に解決に努めることをおすすめしておきます。

基本情報

広島県の拠点紹介(順次拡大中)
広島市 安佐北区 安佐南区 安芸区 佐伯区
お見積り無料
呉市 廿日市市 大竹市 東広島市 尾道市
福山市 三原市 三次市 庄原市 府中市
江田島市 竹原市

解決までの手順
水道の部品・料金
基本の料金


水道の修理受付
copyright©2021 水道の修理隊 all rights reserved.