タンクの水は完全に溜まってから排水をする

修理隊の日記

つまりが発生してしまった場合には初動対応が肝心

トイレで発生してしまう排水つまりは何か物を落としたり、大量のトイレットペーパーを一度に流してしまったり、トイレタンクの貯水満水でないのに排水してしまうなど、意外と簡単に便器が溢れそうになるつまりが起きてしまいます。そして、初期段階のつまりなら水の流れが少し悪くなる程度なので、そのまま放置されがちで、流れたからといって安心して使い続けていると症状が悪化してしまうこともあります。
しかし、放置していて詰まりが悪化すると完全に排水経路に残存している異物や残存物が妨げとなってしまって排水が流れなく排水口から逆流する恐れも考えられます。
そうなってしまっては、自力でつまりを解消することが非常に困難で修理業者に解消作業をしてもらうことになります。当然その場合には、施工料金や修理完了するまでの時間的な拘束もあり精神的に疲れてしまうので、できる限りつまりは初期段階に自分で対処することがおすすめです。
詰まりが発生する箇所として多いのがトイレです。
発生箇所は、大きく分けて3カ所あります。最もつまりやすいのは「せき」と呼ばれる箇所で排水管に向かって急カーブしているトラップと言われている部分です。もう少し奥に行くと排水管と合流する部分が細く狭まった場所もあり、ここが2カ所目です。そして3カ所目は床下を通る「排水管」になります。
トイレの排水が流れなくなってしまって原因となっている箇所が上記の通りですが、初期段階でつまりの原因となっている箇所としてはトラップの部分です。
この箇所を通り過ぎてしまうとラバーカップでは、圧力が弱く 自力解決が困難になってきます。ですから、少しでも異常を感じた時にはラバーカップを使って予防してみることも良いのではないでしょうか。

広島県の拠点紹介(順次拡大中)
広島市 安佐北区 安佐南区 安芸区 佐伯区
お見積り無料
呉市 廿日市市 大竹市 東広島市 尾道市
福山市 三原市 三次市 庄原市 府中市
江田島市 竹原市

解決までの手順
基本の料金


水道の修理受付
copyright©2021 水道の修理隊 all rights reserved.