床に水が垂れていたら必ず拭き取ってください

修理隊の日記

トイレ内で発生した水漏れについて

日頃の生活上で生理現象でもある排便を行うためにトイレは常に正常な状態に保っておく必要があるのではないでしょうか。例えば、トイレで水漏れしていることに気が付い段階で対処することによって使えなくなってしまうなどといった痛いに起きる前に解決することが望ましいのではないでしょうか。
仮に、トイレ内で水漏れが発生していたら漏れている箇所の下にタオルを敷くことは、最低限行うべきことです。そして、水が周辺に広がらないようにすることが大切ですが長時間、水漏れを放置すると周辺の床が腐食する原因になります。床が腐るとシロアリの原因となってしまったり便器の固定が不安定になり床がきしむなどといった事態に陥ってしまうことがありますので注意が必要です。
そうならないためにも水漏れに気が付いたらすぐに周辺の床が水浸しにならないようにしましょう。
重要なこととしては、トイレで水漏れがしていたが止水栓・元栓を止めましょう。
水漏れ周辺にタオルなどを敷いて水の広がりを防ぐのと同時に水が漏れている箇所の止水栓もしくは元栓を止めます。水が漏れている箇所によっては、止水する止水栓の場所が変わってくるのですが、ほとんどは、トイレ内で設置されている姿勢線を閉店することによって対処することができますので事前に止水栓の動作確認は必ずしておくと良いでしょう。
また、止水栓は、「ハンドル式」と「内ねじ式」「ドライバー式」があり、ハンドル式は手で回すだけで止まりますが、他の2つはマイナスドライバーを使用して止めます。止水栓は、水の勢いを調整する役割もあるのですが水漏れした時にトイレだけの給水を止める役目をしております。そのため、修理後に再度開く必要がありますので回した回数を覚えておくとスムーズに水量調整ができます。
また、水漏れの原因がトイレ本体でなかった場合には、水道の元栓を閉める必要があります。家の水道の元栓は、水道メーターの隣にありますが元栓を止めてしまうと敷地内全体の給水が出なくなることを覚えておきましょう。
トイレで不具合が起きるのは全く予想ができていない時に急に起きてしまうことが大多数です。ほとんどの原因が経年劣化によってトイレタンク内の部品が故障をしてしまうことで起きるのですが定期的に交換をしないといけない部品もありますので事前に交換することも良いでしょう。

基本情報

広島県の拠点紹介(順次拡大中)
広島市 安佐北区 安佐南区 安芸区 佐伯区
お見積り無料
呉市 廿日市市 大竹市 東広島市 尾道市
福山市 三原市 三次市 庄原市 府中市
江田島市 竹原市

解決までの手順
水道の部品・料金
基本の料金


水道の修理受付
copyright©2021 水道の修理隊 all rights reserved.