排水経路に違和感が出てくる

修理隊の日記

流れの妨げになりやすい箇所について

台所や洗面台の流し台やシンクで詰まりが特に発生しやすい箇所は、排水トラップや排水管です。
排水トラップは排水口のすぐ下にあるか排水桝でトラップを設置していることがほとんどです。この排水トラップは、屋外からの害虫の侵入や排水管からの悪臭が台所の流し台やシンクの排水口から上がってこないための対策となっています。
封水をすることで下水の臭いや害虫が上がってくるのを防ぐのが目的で設置されていますので取り外して使うとかということも無理です。台所や洗面台の排水は必ずこの排水トラップを通るため油汚れや食べ物屑。あるいは、髪の毛などが原因となって詰まりが発生しやすいのが特徴です。
排水トラップから屋外の排水桝に流れていくまでの排水管は汚れが蓄積することで詰まりが起こりやすく自分で掃除をするのがムズカシイため専門業者に依頼する人も多くいらしゃいます。
その他、蛇口が詰まりを起こして水やお湯がでてこないなど不具合が発生することも珍しくありません。蛇口の内部には水をろ過するための「ストレーナー」と呼ばれる部品が装備されていたりゴミが溜まって詰まると水が出なくなってしまいます。蛇口の先に付いている泡沫キャップにも配管や蛇口が欠けた金属ゴミ。あるいは、カートリッジのゴムカスなどが長年お使いの場合には、見られる不具合ですので設置してから10年以上お使いの場合には、掃除をしなければいけない箇所でもあります。
さまざまな要因によって詰まりが発生してしますし、ちょっとしたことで不具合を起こしますので異変に気が付いた時には、できるだけ早く対策をしましょう。

基本情報

広島県の拠点紹介(順次拡大中)
広島市 安佐北区 安佐南区 安芸区 佐伯区
お見積り無料
呉市 廿日市市 大竹市 東広島市 尾道市
福山市 三原市 三次市 庄原市 府中市
江田島市 竹原市

解決までの手順
基本の料金


水道の修理受付
copyright©2021 水道の修理隊 all rights reserved.